【申込受付中】

『インド占星術講座・基礎』19期(2021年5月開講・水曜クラス)

@オンライン対面@東京/西葛西複合開催

(2021年5月~8月)

 

引き続き機会をいただけますこと、こころより感謝申し上げます。ありがとうございます。

会場の広さと、一度に見られる数の関係で少人数制となりますこと、また、定員に達し次第、申込を締め切らせていただきますこと、ご了承くださいませ。

 


インド占星術講座2021/中期(@オンライン・対面@東京<複合開催>)

 インド祭司アーチャリヤ ニティッシュクマールが伝える
『インド占星術講座・基礎』19
期(水ラス

@オンライン対面@東京(西葛西)複合開催

2021年5月~8月) <受付開始 

 

19期】水曜クラス 講座6+修了式

 [日程]

2021

5月  12() 26() ※第24

6月  9() 23() ※第24週 

7月  7() 21() ※第13週 ※第6講は修了試験

8月 4() 修了式 ※第1


インド占星術を学ぶメリット

インド占星術=ジョーティッシュは、ヴェーダの一部です。

 

ヴェーダとは、天啓により後世へと遺されたわたしたち地球人の生きる智恵

そのためヴェーダとは神のことばとして知られ、ジョーティッシュとはヴェーダの目とされます。

 

ヴェーダの目=真理をみる目

 

インド占星術の学びを通して、自分を知り宇宙の一部として生かされていることを思い出し与えられたいのちのお役目に、だんだんと気づけるようになります。

 

インド占星術を学ぶということは、(=大なるもの、創造の根源など))、そして私たち自身にある神聖さを学び、それに気がつけるようになることであり、「私が何者であるのか」という本質的な問いへの答えに近づくことでもあるのです

 

みなさんが光の知識を学ぶことで、魂に光が射しご自身の人生を生きたいという強い動機が芽生えはじめてくるのを体感するでしょう。

 

ともに、自身の人生を見つめながら、一歩一歩、私たちが本来生きる道へと進んで参りましょう。

 

 

(こんな方におすすめ)

 

・じぶんをもっと知りたい方

・人生を変えたいと心から思っている方

・変わりたいけれど、その方法が分からなかった方

・人生の目的が見つからずモヤモヤしている方

・じぶんの活かし方が分からない方

・なにをやっても自信が持てなかった方

・真理に触れてみたい方

インド占星術を学習することの難しさ

インド占星術の発祥は、インド。

一番難しくさせる要因は、言葉の壁にあります。ヴェーダやジョーティッシュの言語はサンスクリット語。

 

これまでサンスクリット語への理解といえば、サンスクリット語から訳された英語を通してしか方法がありませんでした。

 

サンスクリット語を英訳した本から学びとることの難しさは、単純に一語一訳で言いあらわせないことが多く、文化や思想的背景とともに理解していかねば、分からない部分が多くあるためともいえます。

 

また、5000年以上前から承継されている科学であるため、あらゆる解釈の流派や系譜があり、日本人のわたしたちが、英訳された本から異なる見解について、なにがどう異なり、どの点が正しいのかを検証しながら選び進めることが難儀であるのは、想像に堅くないでしょう。

 

悠久のときを経て、賢者たちにより受け継がれ、研究されてきた、まるで大海のように溢れるインド占星術の叡智は、熟知した師グルジーから直接学ぶことが、間違いがなく、近道です。

ShreeVidyaシュリヴィッディヤのインド占星術講座

バラモン家系に生まれ、幼少よりヴェーダの学び舎グルクルにて13年以上ヴェーダを学び修得してきたニティッシュ アーチャリヤ* グルジーが直接指導。*アーチャリヤとは、ヴェーダを学び修めた証であり、その人の知識量・理解度の深さを証明する称号です

 

サンスクリット語の原典から現代ジョーティッシュに至るまで、あらゆる文献を直接読み解き、研究を重ね、ヴェーダの根本思想の深い理解と、インドで活躍するPhD.ジョーティシーたちとの議論から、

 

現代に溢れるあらゆるインド占星術の見解の中で、エビデンスとともに選び抜いたもっとも「確からしい」情報を、異なる見解もあわせてともに解説していきます。

 

また、インド占星術の知識にとどまらず、おおもとであるヴェーダの思想も併せて学んでいけるので、日本で学習するのに理解しきれなかった領域まで深めていくことができます。

 

そのため、インド占星術の知識をしっかりと使えるようになるまで、また、さらに深い知識の習得も続けられる、というように、生徒さんの目指すゴールやレベルにあわせて、末長く指導していくことが可能です

ShreeVidyaシュリヴィッディヤの講座の特徴

インド占星術やインド文化の基盤であるヴェーダが示す「宇宙の法則」「ひとのあり方」についても学ぶ機会が十分にあること

惑星からのネガティブな影響を改善するインド古来より伝わる「処方」を学べるため、じぶんで実践でき、変容していけること

小人数制で、知識と経験豊富なグルジーから学べるので、これまで分からなかったモヤモヤが解消でき、はっきり理解できるようになること

初心者からでも分かりやすいカリキュラム

インド占星術はとても広い大海のような知識体系です。

インド占星術を読み解くのに、必要最低限の知識を精査して構成され、初心者が誰でも分かりやすいように工夫されたオリジナルのカリキュラムです

講義のテキスト

ヴェーダやサンスクリット語の根本的な理解が背景にあるニティッシュグルジーが、

 

リシ・パラーシャラ『ブリハトパラーシャラホーラシャストラ』

セージ・ワラハミヒラ『ブリハトジャータカ』

セージ・マントレシュワラ『ファラディピカ』

 

を基本とする複数の原典や、現代のインド占星術論文などから、それぞれに点在していた情報を、「初めて学ぶインド占星術」に必要な基礎知識として、改めて整理し構築し直したオリジナルテキスト

 

ただ膨大な情報を漫然と覚えるのではなく、バワ(ハウス)、ラシー(星座)、グラハ(惑星)、それぞれの超基本知識のコア部分をまずは押さえ、

 

それぞれの関連性をその次に理解していくことで、点→線→フレーム→面と、多角的、多面的に、ホロスコープを捉えられるように講義を設計しています。

 

そのため、初めて学び始める方にとっても分かりやすく、アドバンス、マスターの全クラスを修了するころには、2次元で表記されたホロスコープ(出生図)から多面的な情報が視えるようになり読み間違いすることなく、また難解なものへの理解や応用が効く履修内容になっています。


講座から得られること

2回、3か月間、全6日の講座にてお伝えしていきます(7日目は修了式)。

 

使用する占星術は、北インド式

 

対象は、初心者からすべてのレベルの方。
すでに学ばれたことのある方にとっても、より理解が深まる内容です。

 

講座の目的は、
知識の習得だけではなく、知識を使って読み解く基礎を築くこと。

 

また講座でのインド占星術やヴェーダの学びを通じて、ご自身の魂が望んでいることに気づき、ありたい人生を生きることにあります。

 

これらは、テキストや本から学べるものではなく、グル(師)を通してはじめて体得していくことができる学びです。

 

インド祭司ニティッシュグルジーが、生まれ育った環境、これまでに出会った指導者グルジー(師)やサドゥ(霊的修行者)たちから体得してきた智慧や叡智の数々を、惜しみなくシェアしていきます

 

インド占星術を、ただの知識のインプットとして終わらせるのではなく、本場の文化や背景、実際の天体配置やヴェーダの暦とあわせて知って、理解していくことにより、本物の学びを体得することができるのも、ShreeVidyaシュリヴィッディヤの講座の特徴。

 

生涯にわたり、ご自身の人生に役立つ偉大なる智恵を習得できるようになります

基礎講座のゴール

基礎講座では、

インド占星術で基本的なことが読み解けるようになるための「基礎知識」の習得と理解がメインです。


インド占星術のリーディングとは、
惑星、星座、ハウスの組合せから、どのように情報を抽出するかが重要であり、ほんとうにたくさんのアプローチがあります。


基礎講座では、「基礎知識」を使ってどのように読み解くのか、 生徒さんのホロスコープを使って、リーディングのアプローチの基礎を練習します

 

講座の進め方


講義の初日1

インドのグルクル(伝統的なヴェーダの学び舎)がそうであるように、祈りから始まります。

 

初日はパンディット神官でもあるニティッシュグルジーにより、ヴェーダの祭式にてシュリーヤントラのプージャが執り行われ、これから学び始めるインド占星術が、滞りなく遂げられるよう、祈り捧げます。

 

神聖な心もちから、新たな学習をスタートすることができる、これもインド文化のひとつです


講義の初日2

いきなりインド占星術の内容には入らず、まずはこれから学ぶインド占星術と太陽系のつながりを知ることからはじめます。それは、宇宙視点からインド占星術をとらえる試み

 

インド占星術の「天体配置図=クンダリ(北インド式)」と「地球暦」を見比べながら、

地球から宇宙を眺めた視点(天体配置図=ひとの視点、ジオセントリック)と、

太陽を中心とした太陽系の惑星配置図(地球暦=神の視点、ヘリオセントリック)の双方向より「いま」をとらえてみることで、

インド占星術が、実際の宇宙の運行そのものであること、また、古代より伝わるヴェーダ科学の深淵さに触れていきます


講義のはじまり

ウパニシャッドシャンティ マントラ」を全員で唱えます。

講師生徒全員の、こころとマインド、身体、空間、エネルギーの全てを、学ぶのにふさわしい状態に整えてからスタートします。

 

そして、グルジーが黒板に最初に書くのは、その日、生徒さんとシェアしたいマントラ

 

そのマントラがもつ意味や効果、その背景、インドでのマントラの使われかた、サンスクリット語の発音など、インドやヴェーダ文化、歴史などについて触れてから、実際の講義に入ります



講義の全体

インドの哲学や思想、あるいは仕事や家族についてターニングポイントに立つご自身の人生(ホロスコープ)など、話題はインド占星術から発展して、そのときに生徒さんが気になっていること、知りたいことを、いつでも気軽に質問できるオープンな学びの場があります。

実際にニティッシュグルジーが学んできたことを経験とともにお伝えするため、日本にいながら本場の学びが得られます


動画で復習が可能

すべての講座は、毎回動画を撮影しています。万一、欠席された場合でも、動画にて補講が可能です。また、一度の講義では理解が難しくても、繰り返し、ご自身のペースで復習することが可能です。

 

この動画学習はとても好評で、講義の時には分かりにくかった部分が「分かる」ようになるといいます。

 

講座を修了されたあとも継続して視聴できるようにしているので、何度も繰り返し学習することで、さらに理解を深めていくことが可能です


修了試験をへて、修了式へ

しっかり覚えておかないとリーディングができない最低限必要なことが試験範囲。インド式の対面形式で行います。

 

修了式では、学び得られたことへの感謝の祈りを捧げます。


修了式のあとは、修了証の代わりとしてShreeVidyaシュリヴィッディヤからのギフトと、プージャ祈りの祝福を生徒さんへ贈ります


インド占星術講座の様子

講座の初日は、こちらのテンプルにて、プージャ祈祷からはじまります。講座開始前にテンプルに座り、こころを静めてから参加される方もいます

処方のひとつ、マントラのジャパの方法を学びます

菜食インド家庭料理はグジャラート州で覚えたもの

北インド式のホロスコープ図で解説中

修了式に贈られるギフト「ナワグラハヤントラ」


講座2部の運命改善法で学ぶマントラの発音(一例)

講座修了後のコースのご案内

ShreeVidyaシュリヴィッディヤでは、基礎講座(ベーシック)の先に、「アドバンス」「マスター」「練習会」と、知識と技術レベルに応じたクラスを用意しています。

 

習得した知識、技術が、引き続き継続して使っていけるように、生徒さんをサポートする体制をとっています。

 

 

(インド占星術講座の全体像)

 

インド占星術 

 ・基礎講座(ベーシック) 3か月(月2×3か月)+修了式

 ・応用講座(アドバンス) 3か月(月2×3か月)+修了式

 ・発展講座(マスター)  3か月(月2×3か月)+修了式

 ・練習会(プラクティス) 
講座はすべて月2回開催
12回の募集、募集開始時期は不定期

 

ShreeVidyaシュリヴィッディヤで用意している「ベーシック」から「マスター」全3コースで学ぶ内容は、精緻にジョーティッシュのリーディングをしていくうえで、最低限必要なベースとなる知識です。

この基礎部分をしっかりと理解し習得したうえで実践を積んでいくことが正しくリーディングしていく第一歩となります


「アドバンスクラス」

(履修内容)

・星座、惑星の詳細

・ヨーガの詳細

・クンダリミランとマンガラドーシャ(相性診断、マッチング)

・ほかのチャートの理解と使い方

バワチャリット

(在住惑星がハウスに与える影響)

サプタワルガ

7つのテーマごとのチャート、結婚、仕事、経済力など)

アシュタカワルガ

(各惑星のハウスに対する影響度)

 

(ゴール)

より精緻に理解するために必要な基礎知識の習得+実践(リーディング)


「マスタークラス」

(履修内容)

・ゴーチャラ/トランジット

(現在の天体配置とその影響)

・パノーティ(サデサティ、ダイヤ)(土星による試練の時期)

・ショーダシャワルガ
(全
15のテーマ別チャート)

・ヴェーダの暦と時間の概念

(パンチャーンガ、ユガ、など)

・吉日判断(ムフルタ、ヨガ、など)

・アリスタ

(とくに幼少期のネガティブな影響について)

・ラグナシュッディ

(出生時間が不明な場合のラグナの出し方の一例)

 

 (ゴール)

より精緻に理解するために必要な基礎・応用知識の習得+実践(リーディング)


 「プラクティス」 

(対象者)

「マスタークラス」までを修了され、ジョーティッシュ全体の基礎を修得された方

 

 

(ゴール)

・修得した知識が使えるようになること=リーディングの精度を上げる

・知識習得の継続と、リーディング技術の研磨

・新しいアプローチや難易度の高いヨガのリーディング+実践


受講生の声

インドやヒンドゥーのリアルな文化の背景も一緒に知ることができるので、より理解が深まります


(初日の)プジャ祈祷から講義、第2部、懇親会まで、こんなに盛りだくさんだとは思わなかった。とても充足した時間でした


星座だけでもこんなにたくさんの性質があるので、ひとの性質をひとくくりに語ることはできず、ひとの性質がほんとうは多様であるのがとても理解できる

いままで独学で勉強してきたけれど、基礎がいかに抜けていたかを痛感。土台からの理解が大切であることを感じました


インド家庭料理は日本のインド料理屋さんでは食べられないから、いつも楽しみにしています


(講座の始まりと終わりに唱えるマントラに対して)サンスクリットの発音が難しくてちゃんとこれから言えるか不安ですが、練習して習得したいです

(星座の性質の)覚え方など、秘密の内容に触れたようなかんじ


すでに(南インド式の)インド占星術は習ってきたけれど、アプローチがまったく違う。より理解が深まったり発見があるのと同時に、これ(北インド式)はまったく別ものとしてあらたにインプットした方が、混乱なく理解できるような気がします


テンプルのお陰か、とても神聖な空間でいい氣を感じます



『インド占星術基礎講座』(概要)

[講義内容]

対象となるインド占星術は、北インド式です


1部】インド占星術 基礎知識
1回 

 開会の祈り(プージャ祈祷)

 0章/オリエンテーション

「太陽系の天体配置とホロスコープの関係」

(地球暦とホロスコープの関係性)

 

 1章/ジョーティッシュの基礎、パンチャーンガ(インドの暦)

 2章/カーラカ&バヴァ(ハウスシステム)


2

 3章/ラシー(星座)

 4章/グラハ19惑星の性質)


3

 4章/グラハ2(グラハメイトゥリ(友好関係)、ドラシュティ(アスペクト))
 4章/逆行、コンバースト


4

 5章/リーディングにむけて1
(グラハのおさらい、在住と支配、バヴァの法則、ヨガとコンジャクト、リーディングのステップ)

 リーディングの基礎と実践


5

 5章/リーディングにむけて2
(ダシャーシステム、SBランク)

 リーディングの基礎と実践


6

 修了試験

 リーディングの基礎と実践


7

 まとめと修了の祈り(プージャ祈祷)


状況によっては、講義の内容が前後する場合があります

7回は、修了セレモニーとまとめなどを予定しています


【第2部】インド占星術の処方

・シャンティマントラ

・ジョーティッシュの処方とは

・マントラと発音指導、ジャパの方法

・サンスクリットの数字

・ヤントラ(惑星の魔法陣)

・ラットナ(宝石処方)

・ダーナ(寄付)

 

 

[日程] 20215月~8

8月は修了式となります

 

19期】 講座6+修了式

水曜クラス @東京 西葛西@オンライン

2021

5月  12() 26() ※第24

6月  9() 23() ※第24週 

7月  7() 21() ※第13週 ※第6講は修了試験

8月 4() 修了式 ※第1

 


[時間


1部 10:3016:30

2部 17:0017:30

 

講義の進捗状況により、多少前後する場合があります

途中、ランチタイム、休憩があります

お昼には、ささやかな菜食インド家庭料理をご用意いたします(東京西葛西クラスのみ)

 

[場所 

19 水曜クラス

ShreeVidyaシュリヴィッディヤ(東京 西葛西)

オンライン(Zoom

同時開催



[価格


 ◇月謝制 

  33,600/×5回(計 168,000
 
 ◇一括支払(早期割引) 

  154,000円(▲14,000円割引)

  2021年4/10()お申込、4/15()お振込〆切まで

 

 ◇一括払い(通常) 168,000 

  2021年4/11()以降のお申込み分より適用
   
 ※すべて税込価格

 ※銀行振込のご協力をお願いしております
 ※お振込先は追ってご連絡いたします
 ※お振込確認をもって正式なお申込完了となります

 ※月謝制をご選択の場合、先にひと月分をお納めいただきます

 

 

 

(価格に含まれるもの)

 

・オープニングおよび修了式のプージャ祈祷

・ご自身のホロスコープ全データ

出生図、ダシャー(人生カレンダー)、ショーダシャワルガ、アシュタカワルガ、バワチャリット、SBランク、パンチャーンガ、など

・基礎講座、処方のテキスト

・第2部のマントラ発音、ジャパ唱和指導

・ご自身のホロスコープ読み解き解説(約60分)

おひとりにつき1つの質問をお受けし、どのように読み解くのかを解説、回答します

・菜食インド家庭料理のランチ*

・休憩時のチャイ&スナック*

*こちらは東京西葛西のクラスのみでの提供となります


[お申込

 下記フォームより、お申込くださいませ

 shreevidya.bhatt@gmail.com からの受信許可をお願いいたします


ご不明点、ご質問等ございましたら、お気軽にお問合せください

お申込みくださった方から順次、詳細情報をご案内いたします。

定員になり次第、予告なく締め切らせていただく場合があります。その場合はキャンセル待ち、または次期以降のご参加となりますことご承知おきくださいませ

 



(こんな方に向いています)


・ご自身のハートに素直な方

・ご自身の才能を活かしたい方

・じぶんらしい人生を生きたい方

・ご自身に対しても、周りに対しても正直な方

 

(ご遠慮いただいていること)


・忙しすぎて出席できない

・講座の日程にスケジュールを調整できない

・欠席や遅刻など、事前の連絡ができない

・復習する時間が持てない

・事前に相談ができない



[講座初日の祷り

 

初日は、プージャ祈祷からはじまります

インドでも、何か新しいことを始めるときにはテンプルへお参りしたり、 プージャ祈祷をします。

 

特に学び舎である学校や大学には必ずテンプルがあり、学びを始める前にはテンプルで祈る習慣があります。

 

ShreeVidyaシュリヴィッディヤでも、講座開講のはじまりに、生徒みなさまの学びが滞りなく続けられ、叡智を受け取れるわたしたちでいられるよう、プージャ祈祷を執り行わせていただきます(参加費不要)

 

リアルなインド・ヴェーダ文化の中で、ともに学びを深めていきましょう

当日の開始時間等の詳細は、お申込み後にお知らせいたします

よくあるご質問


Q1. 基礎講座でどこまで分かるようになりますか?

A1.

6回の学習のみで一通り読み解くことができるか?は、すでに学習を始めていた方はその限りではありませんが、0から始める方には、覚えること、仕組みを理解することがまず必要なため、難しいかもしれません。


ですが、
どんな質問でも明快に解説するニティッシュジの、回答までのアプローチから、基礎講座6回を受けることで、リーディングの基礎ステップを理解できるようになります。


いつもニティッシュジは生徒さんにお伝えしていますが、的確に読めるようになるために必要なことは、「基礎の暗記と、たくさんのホロスコープを見ること」。

 

そのため講座のカリキュラムは、基礎をきちんと理解できるように組み立てています。あわせて講座中に撮影する動画で繰り返し復習することで、理解を深めることができます


Q2. 仕事や病気などやむを得ず欠席した場合の振替はどうなりますか?

A2. 

毎回、欠席者の有無に関係なく、講座を撮影しているため、動画での補講をお願いしております。

講座終了後、12週間のあいだにWeb上にUPしていきます(限定公開)。動画は講座修了後も見られるので、ご自身の復習にもお役立ていただけます。

 

ただ、動画はあくまでも補足的な位置づけであること、本講座は収録済の動画で学習するタイプの通信講座ではないことから、基本は講座への出席をお願いしております。


どうしても調整が難しくなる場合などはあるかと思いますので、その際は事前にご相談くださいませ。


魂が望んでいた人生を、ともに、はじめましょう

わたしたちはみんな、目的を持ってこの地球に生まれてきています。すべての人類に共通している最終ゴールは、それぞれの目的を達成しておおもとへと還る解脱(モクシャ)。

 

インド占星術を理解するということは、自身の能力、役割、人生の目的について知るということそしていまある人生が、解脱(モクシャ)へと至る大いなる流れの中での通過点であることがそのうちに見えてくると思います。

 

インド占星術を通して、自身の魂や人生への理解を深め、この地球に生まれてきた目的を思い出し、わたしたちに与えられた能力を活かしながら、魂が望んでいた人生を、ともに、はじめましょう。

 

 

Shree Vidya シュリ ヴィッディヤ 

インド占星術家・インド祭司神官  バット ニティッシュクマール

インド占星術『成功の法則』実践&探究家  バット あやたかぎ 

 

お申込はこちら

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です