ヒンドゥー神官、インド占星術家  バット ニティッシュクマール

多くの祝福を与えてくださったジャガットグル、サットワ ババ マハラジとともに
多くの祝福を与えてくださったジャガットグル、サットワ ババ マハラジとともに

インド グジャラート州 ゴンダル生まれ。

 

ヴェーダを護り受継ぐパンディット家系(神官)に生をうけ、父、兄ともにインドでプジャ祈祷を主とするパンディットとしての役割を、家業として継承する。

 

BHATT(バット)家は代々、インド占星術ジョーティッシュの叡智も伝承しており、曽祖父はひとたび相手を見た瞬間に、その方の人生を言い当ててしまうインド占星術家(ジョーツィー)でもあった。


10歳のころからヴェーダについて学びを深め、小中高と神官の学校で学ぶ。


その後、聖地ヴァラナシにあるサンプールナーナンド サンスクリット大学・大学院にて、サンスクリット語、ヴェーダやインドに伝わる哲学、古くから伝わる本物の歴史を研究。


大学入学当初、学費の捻出に困っていた矢先、ヒンドゥー最高権威の聖人、第6代サットワババ マハラジと出会いシシャ(門下生)となる。次第に直弟子として認められ、ヒンドゥーの奥義を伝承された。

 


マハラジの直弟子としてお供する中で、あらゆる高位の聖人、賢者、サドゥー(修行僧)や、モーリシャス島の大統領、世界レベルの高額所得者など、トップクラスの人格者に会う機会に恵まれる。

 

そこで出会った素晴らしい人たちに共通しているのは、エゴのないこころ。人としての正しいあり方について、多くの学びを得る。


2012年11月、大学院を主席で卒業。

その朗報を恩人マハラジに電話で報告するも、その翌日に逝去。人生最大の喪失感にさいなまれる。

 

翌2013年1月、世界最大級の祭典「クンブメーラ」祭に神官として参加。

そこで、1月末に1週間滞在していた日本の1人の女性と出会い、出会いからわずか半年足らずで本人同士での婚姻の儀を行う。

 

実はこの結婚は、ある2人の予言どおりだった。


それは、マハラジが逝去するたった2日前にニティッシュへ告げた遺言でもあり、ヴァラナシで有名な占術家(ジョーツィー)による予言でもあった。

 

この経験からも、人生はカルマでできていることを痛感。


現在、日本でインド占星術を使って、多くの方に確かな希望を伝える。ニティッシュによる鑑定は、高い的中率と的確なアドバイスとの好評を得ている


マハラジと毎日執り行うプジャおつとめの様子。ヴァラナシのアシュラムにて
マハラジと毎日執り行うプジャおつとめの様子。ヴァラナシのアシュラムにて

米、黒胡麻、緑豆、黄豆など6種の穀物を使って創り上げた立体シュリ ヤントラ。二ティッシュ作
米、黒胡麻、緑豆、黄豆など6種の穀物を使って創り上げた立体シュリ ヤントラ。二ティッシュ作

ヒンドゥー神官、インド占星術「成功の法則」実践探究家

バット あやたかぎ

インド ゴンダルにて執り行われた婚姻の儀にて(2014.7)。パンディタン(神官)となる
インド ゴンダルにて執り行われた婚姻の儀にて(2014.7)。パンディタン(神官)となる

山口県下関市生まれ、埼玉県和光市出身。

 

結婚を機に、35歳独身OLからヒンドゥー神官へ人生転換。


夫婦で実証するインド占星術「成功の法則」を実践、探究。夫が読むインド占星術と、体得した「成功の法則」をわかりやすく伝える。


OL時代は締切に追われる広告の仕事で、人生を考える余裕もなかった。疲れて電車で寝ていた隙にカバン一式を盗られ、総額20万円超の被害と会社から信用を失ったことを機に、人生を見直し退職。


「人生最適化」という考え方とyoga哲学に出会い、心の声に従う生き方へシフト。


転職するも父の癌告知をうけ、再び退職。


美しい自然があるところでは、ところかまわずyogaでアサナをとっては自然との一体感を楽しんでいた。霊峰富士とともに
美しい自然があるところでは、ところかまわずyogaでアサナをとっては自然との一体感を楽しんでいた。霊峰富士とともに

2013年1月インド世界最大級の祭典「クンブメーラ祭」にて、儀式を執る神官を見た瞬間、魂の美しさを直観し「魂が美しくあること」を人生で最も大切にしたいと気づく。また生涯の伴侶は「魂が美しいこと」が必須と知る。

 

その神官と、メルアド交換から3月にFacebookで繋がり、お互い好意を持ち4月に婚約。

6月インドで再会、本人同士で婚姻の儀を行うが、父の容態が悪化。急いで帰国するも最期に間に合わなかった。

 

11月に国際結婚成立、夫と共に日本へ。出会いから、日本で住む家や仕事のアテがない新婚生活、起業までの約2年間、両親の反対、法的手続き、日本での生活など、課題が山積だった。

 

人生には「魂の成長のための目的」があり、すべては目的までの「必要な出来事」である。

 

このインド占星術の考え方を心に「いま出来ることを全部やる」ことですべてを乗り越える。

 

心の声に従うと、やることが明確になり道は開けるという経験のシェアが、誰かの勇気になると信じている。

最近の興味関心は、見えない世界の言語化と視える化。早くシェア出来るよう、日々邁進中